自分に責任を持つ心構え
ワクワクかんぱにぃ 2018.10.14

自分に責任を持つ心構え

私たち、ワクワクかんぱにぃ の理念
自分の人生の主役は自分である。
私たちは、より良い人生を歩む選択肢を選択する。

あなたは「 無理なく 」他人に左右されない人生を歩む選択肢を選択できる


こんにちは、このページを運営する、
ワクワクかんぱにぃ と申します。


突然ですが、


あなたは「 自分のため 」に生きていますか?

あなたの人生 自分のために生きる


例えば、

 他人の顔色ばかり見てしまう
 自分の心は笑っていないのに、他人に対して作り笑いをしてしまう
 他人受けをするために、望まないファッションを自分が受け入れる
 自分は間違っていないのに、他人に頭を下げる
 他人から理不尽なことを言われているのに、自分が折れて受け入れなければならない

などなど ・・・・・


あなたは上記に当てはまりますか?


でも ・・・ とは言っても ・・・・・ 人生は世知辛いもの ???


そうですよね。

確かに、過去はそうでした。

過去は ???


そうなんですよ !


ほんとうは、過去の話なんです ・・・・ けどね ・・・ 。


このことに気づけてない原因は、実は
心のあり方に原因があるんですよ。


「 心のあり方 」


この言葉を覚えておいてくださいね。
後でわかりやすく説明しますので。



少し話は飛びますが、
1995年にマイクロソフトが、ウインドウズ95を発売しました。


この発売がきっかけで世の中の構造が大きく変わろうとします。


あなたもご存知の通りパソコンの発売です。


パーソナル・コンピュータです。


文字通り

個人のコンピュータ
私的なコンピュータ

という意味ですね。

この時、ほとんどの人が言った言葉。


それは、


個人にコンピュータなんて、いらん。
個人にコンピュータなんて、必要ない。


なんてネ。言ってたんですよ( 笑 )


もちろん、僕も言ってたし、
真剣にいらん。なんて思ってましたヨ。


でもね、


メンターに気づかされてしまったんですよ。

「 僕 」はパソコンなんて、いらん。必要ない。

ではなく、

「 世の中が必要とする 」モノであった。


つまり、


基準は「 僕 」個人

ではなく、

「 世の中 」が基準だったんですよ。


「 はぁ ? 」って感じですよね。


ほんとうに「 はぁ ? 」って感じだったんですよ。


僕「 個人 」が基準

ではなく、

「 世の中 」が基準?


だ ・ か ・ ら、それが何なん?
ほんとうに「 はぁ ? 」って感じだったんですよ。


「 関係ない 」


「 僕 」には関係ない!!!


でもね。


だんだん、解ってきたんですよ。

今も、実は、まだまだ、ぜんぜん解っていないのかもしれないけど、

ほんとうに、

だんだん、解ってきたんですよ。


そう、

気づくっていうやつですよ。


「 気づく?」


僕が何を気づいたかって。


それは、


ガラケーからスマホへの時代の流れです。


大きく「 世の中 」が変化してきていることを、
今、目の当たりに直面していることに気づいたんですよ。


そう、やっと「 世の中 」が基準。「 世の中 」が必要としている
モノに直面して、やっと気づくことができました。


ここで、冒頭の「 心のあり方 」について、ぜひ、
あなたに伝えたい、知ってもらいたいことがあります。


それは、


パソコン、スマホの出現( インターネット )により、 完全にパーソナル な時代へ。

つまり、世の中個人の時代に突入したという事実に、 改めて
あなたに気づいていただきたい。



個人 」が主役の到来!



    会社、企業は個人の集合体である事実。


    経営者は個人である事実。


   世の中個人の集合体である事実


つまり、


個人である 消費者「 世の中 」を創造することが可能である。


しかし、


それを現実化するためには ・・・


自分に責任を持つ心構えのある人と繋がることができる環境に身を置く。

すなわち、

信頼できるパートナーと繋がることのできるコミュニティに所属し、共に切磋琢磨して
コミュニティ・ネットワークを共創していくことです。



GAFA の時代に突入

 Google  ( グーグル )
 Apple   ( アップル )
 Facebook( フェイスブック )
 Amazon  ( アマゾン )


Youtube( ユーチューブ )も Google の傘下である。



 日産、三菱、ユニクロとジーユーを展開するファーストリテイリングが Google との提携

 トヨタがソフトバンクとの提携( Made In Japan 第1位と第2位の提携 )



そして、


今日、改めて「 あなたに、気づいて 」欲しいこと。


それは、


 あなたは、無理をして動画を作らなくても
 あなたは、無理をして個性を創らなくても
 あなたは、無理をして有名にならなくても
 あなたは、無理をしてSNSにて拡散させなくても( SNS不要 )
  あなたは「 無理をして他人と比較するほど、苦労する人生を歩まなければならない
  あなたは無理をして自分を魅力的、売り込まなくても
 あなたは「 好きな他人を 応援「 出来るほど、人と社会から応援される人生を歩める

もし、

あなたが自分に責任を持つ心構えがあるのなら、この

ワクワクかんぱにぃ( 普遍的な持続性のあるサービス )を有効活用し、

あなたの収入に変換することができる  可能性がある  ことに、改めて

あなたに、気づいていただきたいのです。


可能性を探求できる環境に身を置くことができなければ、可能性を  持続させる  ことはかなり難しい。


そして、あなたが

このサービスの内容に共感していただけるのなら

私たちと共に ( 共創する )

 あなたの信じるあなたが独創する  より良い未来の創造に挑戦してみませんか?




消費者である あなた これからの未来を創造する のです!



ワクワクかんぱにぃ 一同より愛を込めて

デジタル・ネットワーク社会と著作権

著作権(ちょさくけん)・コピーライト(英語: copyright)

著作権法 第10条1項、第2条1項1号
「 思想 又は、感情を創作的に表現したものであつて、
文芸、学術、美術 又は、音楽の範囲に属するもの 」は
著作物として定義されています。


ワクワクかんぱにぃ全てのコンテンツの流用行為、虚偽による集客およびクチコミを行なった時、
その他不法行為に該当する行為が発覚した時は、 関係法規に基づき損害賠償請求を行なう等、
民事・刑事を問わず法的手段による解決を行なう場合がありますのでご注意ください。


すべての文章・コピー・複製・リライト・転載・音声公開等を一切禁止します。
このページは「 2018 © ワクワクかんぱにぃ 」のオリジナルコンテンツです。